So-net無料ブログ作成
検索選択

風立ちぬ(宮崎駿監督作品) [映画]

兵庫県の三田ウッディタウンにある『ワーナー・マイカル・シネマズ』に行ってきました☆

※今は、イオンシネマって言うのかも?!

DSC_0038 (800x450).jpg

↓映画館の雰囲気は、こんな感じ。

DSC_0039 (800x450).jpg

DSC_0040 (800x450).jpg

↓今回観に行ったのは宮崎駿監督の『風立ちぬ』です♪

DSC_0042 (800x450).jpg

DSC_0043 (800x450).jpg

<解説> 

宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりに手がけた長編作。ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。(映画.COMより)

●●●

ノンフィクションと思いきや、零戦の設計者堀越二郎と同時代に生きた文学者堀辰雄をごちゃまぜにして主人公としたフィクションだったんですね。ジブリ作品らしくクオリティは高く、最後はホロリとさせてくれます(´_`。)グスン

ナウシカやラピュタなどのファンタジーを期待してるとちょっぴり残念かもしれません(^_^;)

 


↑よろしければ、ポチって下さい<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければ、ポチって下さい<(_ _)>


nice!(50)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 50

コメント 4

ミケシマ

これ、観たいんですよね~
カントクくんの声優ぶりも気になるし、宮崎監督が初めて自分で涙したという…
実在の人物をもとにしたということにも惹かれます。
でも結局、地上波になってから観ることになりそうです…
by ミケシマ (2013-07-28 01:14) 

ばー助

風立ちぬは、大人向け作品でした。
内容的に、旦那さまと行かれるのがいいかもです(^.^)
by ばー助 (2013-07-28 17:18) 

はなだ雲

ワーナーマイカルシネマズ、好きです
今はイオンシネマになっちゃったんでしたっけ
トゥイティー のキャラクターが大好きなのです
by はなだ雲 (2013-08-04 12:18) 

ばー助

>はなだ雲 さん
今はイオンシネマって言うみたいです。
あのキャラクターたちは、トゥイティーっていうのですね。
見たことはあるのですが名前は知りませんでした(^_^;)
by ばー助 (2013-08-04 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。